南陽天文愛好会

トップページ

南天トピックス

南陽天文愛好会

南陽市民天文台

親子天文教室

天体写真

山形の天体

リンク

お問い合わせ


 


 ☆ 南陽市民天文台 公開休止のお知らせ

 南陽市民天文台の公開は、新型コロナウイルスの感染防止のため、当面の間、休止させていただきます。
 
 再開につきましては、このページでお知らせいたします。
 
 皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
 
 


 ☆ 山形県天文同好者集会 研究発表の原稿を募集

 今年の「山形県天文同好者集会」は南陽天文愛好会が開催担当ですが、新型コロナウイルス感染防止のため、懇親会、発表会ともに中止させていただくことになりました。
 
 集会が中止となる代わりに「研究発表集」を作成することになりました。そこで、発表会と同じ形式で原稿を募集したいと思います。観測・研究発表や機材の工夫、近況報告などをぜひお寄せください。募集の締め切りは11月30日で、12月中旬に配布予定です。
 
 詳細はお問い合わせまでご連絡いただければ幸いです。
 


 ☆ 10月10日 天体写真のページを更新

 南陽天文愛好会の会員が撮影した天体写真を更新しました。
 
 第5弾はAさんが撮影された「秋の天体」です。いろいろな種類の天体を集めましたので、ぜひお立ち寄りください。


 ☆ 10月3日 南陽天文愛好会 例会

 日曜の夜、南陽天文愛好会の例会があり、久しぶりに会員が集まる機会となりました。
 
 7名の出席があり、県天集会の話し合いや天体写真鑑賞などが行われました。


 ☆ 9月21日 中秋の名月

 9月21日は中秋の名月(十五夜)でした。この日は久しぶりの快晴となり、満月の名月を見ることができました。
 
 写真は、南陽天文愛好会のAさんが、南陽市民天文台の15cm屈折望遠鏡で撮影されました。(画像をクリックすると大きく表示されます)


 ☆ 9月9日 木星と土星

 2021年秋は、木星と土星が比較的近い位置に並んで見えています。この2惑星を、9月9日23時過ぎに南陽市民天文台31cm反射望遠鏡で撮影してみました。
 
 木星のそばに衛星ガニメデとエウロパがあり、エウロパの影が本体におちているのを捉えることができました。また土星の方も、環が開いて見えるようすを撮影できました。
 
 宵の時間帯に南の空に明るく輝くのが木星、その右側(西側)に見えるのが土星になります。2つの惑星を見比べるチャンスですので、望遠鏡などでぜひ観察してみてください。
 


つづきは、南天トピックス
 



 ☆ 2021年のおもな天文現象

 1月3日 しぶんぎ座流星群が極大
 5月26日 皆既月食(月出帯食)
 7月12日 月・金星・火星が接近
 8月12日 ペルセウス座流星群が極大
 9月21日 中秋の名月
 11月19日 部分月食(月出帯食)
 12月14日 ふたご座流星群が極大